アソビエイト

一年中◯◯!?ゲテモノ好きの私好み過ぎるお店を発見。ーHalloween Adventure

 

ホール・フーズ・マーケットというスーパーの地下のチーズの品揃えに驚いたり、RICKY'Sというショップで、カラフルなコスメに女子心をくすぐられたりしながら、私達はブロードウェイをひたすら南下した。

 

観光客感丸出しでキョロキョロと歩いていると、なんとも怪しげなお店が目に入った。

ショーウィンドウにはゾンビや骸骨、それにカボチャのランタンが飾られていて、この手のものに目がない私の心をくすぐる。

f:id:yzworld:20170421205536j:plain

f:id:yzworld:20170421205634j:plain

 

吸い込まれるようにしてお店に近付きドアを開けると、絶叫しそうなほどグロテスクなゾンビが、入り口で私達を待ち構えていた。

 

店内を進んでも進んでも、ゾンビや骸骨やミイラの置物やマスクが目に入る。

日本のものとは随分と違っていて、本格的、というか大分リアルな作りだ。

おまけにたまたま開店したばかりだったようで、私達以外にお客さんの姿が見えない。

恐怖心を煽られていた私は、突如動いた店員さんにも大仰にびっくりしてしまった。

 

 

言わずもがなここはハロウィングッズのお店で、その品揃えはガイドブックやネットで取り上げられるほどだ。

無類のハロウィン好きの私ともあろうものが、この店の存在は知っていたものの、観光計画に組み込むのをすっかり忘れていた。

しかしこうして辿り着いたのは、しっかりと引き寄せられたに違いない。

 

あるショーケースに、私好みなデザインのリングを見つける。

好みが似ている同行者も、すかさずこれに食い付いた。

普段一人旅が多い私は、今回は一緒に感動を分かち合える旅仲間がいることに、嬉しさを感じた。

ふたりでショーケースに張り付いていると、声を掛けてくれたのは店員の若い男性。

私達の思いっきりの日本語に笑いながら、ケースからリングを出してくれる彼。

指にはめてみると、思った通りのしっくりさだ。

髑髏と蜘蛛の二種類あって選ぶに選べず、両方の購入を決めた。

 

会計を済ませた後、センキュー!と振り返ると、にこにこと笑って送り出してくれる彼。

 

ここでもニューヨーカーとの思い出ができたのだった。

 

New York Costumes Halloween Adventure

http://www.newyorkcostumes.com

Add:104 4th Ave. New York

Tel:(212) 673-4546