アソビエイト

NewYork

初めてのニューヨーク!知っておきたい5つの基本情報

アメリカ北部、ニューヨーク。 世界最大の都市とされ、毎日多くの観光客で賑わう場所です。 今回は、そんな煌びやかな都市・ニューヨークの基礎情報を紹介したいと思います。 日本からニューヨークまで、何時間で行けるの?時差は? https://www.pakutaso.co…

【TABIJO】2つ目の記事が公開!旅美女会って素敵だ。

今日も今日とてニューヨークへ行きたいKRYです。こんばんは。 昨夜、自身2つ目の記事がTABIJOにて公開されました! tabijo.jp ニューヨークのこの日の夜は本当に最高でした。一生忘れない。 写真では100%全部は伝えることができないけれど、「まるであなた…

高知県から成田空港までどれくらいかかるの?時間と金額

こんばんは、次の海外旅先がほぼ決定したKRYです。 最近は格安航空券探すのが日課になってます。次は宿泊先を探すぞー! そんな私は現在、四国の一番南、高知県に住んでいます。 ご存知の方もいるかもしれませんが、高知県は新幹線が通っていません。 そんな…

喧騒の中の悠然に、心を洗われる。ーセントパトリック大聖堂

グランドセントラルターミナルを後にし、5番街へと戻る。 次の目的地には、このまままっすぐ北上していくと到着するだろうと思い、スマホを仕舞って街の景色を楽しむ。 寒空の下をこうして普通に歩いているが、ここは日本ではない。 行き交う人々と、一歩踏…

人々の「今日」が始まる場所。ーグランドセントラルターミナル

またもや早朝に目が覚めたのは、きっと昨日の興奮が半分と、今日へのワクワクが半分のせいだろう。 身体が「もっともっと!」と叫んでいる気がする。 窓の外を見ると、すっきりと晴れていて、エンパイアがきれいに見える。 こんな近くに憧れの建物が見えるな…

「切り取って、そのまま残しておきたい」ーエンパイア・ステート・ビルディング

この旅でやりたいことの最上位にランクインしていた「マンハッタンの夜景を見ること」は、もちろん観光初日に行うことになっていた。 ニューヨークにいることを実感したかったから。 その項目を成し遂げる場所も、エンパイア・ステート・ビルディング一択だ…

ふと顔を上げると、いつだってそこにある。ーハイライン

四国の田舎で生まれ育った私の傍には、いつも自然が溢れていた。 川の水は当たり前に透明だし、山や田んぼもそこら中にある。 ふと思えば、マンハッタンには山がない。 川の水は、私の地元で例えると台風が通ったあとくらい汚く濁っている。 ちなみにニュー…

足を進める先々で、この街のことをもっと好きになっていく。ーチェルシーマーケット

ベスーン・ストリートを西へ歩く。 ウエスト・ストリートという大通りに出ると、道路の向こうに広がるのはハドソンリバー。 川の水が想像していたより大分濁っていたが、これがアメリカの川というものなのだろうか… なにしろ地元が田舎で川が清流なので、こ…

人の心を動かす、メディアの影響力。ーグリニッジ・ヴィレッジ

イースト・ビレッジを背にして西へ歩く。 すると、街の中に一際目を引く紫色を見つけた。 New York Universityだ。 私達はいつの間にか、グリニッチ・ビレッジへ辿り着いたのだった。 NYUは私の大好きなドラマ『gossip girl』の登場人物達が通った大学で、一…

遠く離れた異国の地で、日本の文化を感じる。ーイースト・ヴィレッジ

イーストビレッジでは、日本の食や文化のお店をたくさん目にした。 「のほほん」という看板を出しているのは抹茶のお店。 英語なのでパッと見分かりにくかったが、「UDON WEST」なるうどん屋さん。 KARAOKEと書いてあるお店もいくつかある。 異国で日本の文…

初めてのウクライナ料理店で、お腹も心も満たされた話。ーVESELKA

朝から張り切って観光初日を楽しんでいた私達は、お昼前にはもう腹ペコ。 ニューヨークへ来て初めてのランチは、必ず行きたいと思い日程に組み込んでいたイースト・ビレッジのVESELKAへ。 私がニューヨークに憧れるきっかけとなったドラマ『gossip girl』に…

変わりゆく街で、変わらずに在るものたち。ートリニティ教会

季節外れのハロウィンを満喫した私達が次に訪れたのは、ニューヨークを代表する老舗の本屋さん・ストランドブックストアだ。 創業は1927年、そして1956年にこの場所に移転。 ロゴがなんともアメリカっぽい。 地下一階から三階までぎっしりと本が詰まった、ま…

一年中◯◯!?ゲテモノ好きの私好み過ぎるお店を発見。ーHalloween Adventure

ホール・フーズ・マーケットというスーパーの地下のチーズの品揃えに驚いたり、RICKY'Sというショップで、カラフルなコスメに女子心をくすぐられたりしながら、私達はブロードウェイをひたすら南下した。 観光客感丸出しでキョロキョロと歩いていると、なん…

ユニオンスクエアで、「時間」を楽しむ。ーグリーンマーケット

就寝したのが深夜だったにも関わらず、朝早くに目を覚ました。 私には、アラームより早く起きられるという特技がある。旅先なら特に。 今回も例に漏れず、日本からの長旅(もっと言えば地元からの長い長い旅)で疲れているはずなのに、その特技を発揮した。 …

異国の地で触れる優しさは、旅の疲れをも癒す温かさだ。

ついにニューヨークに到着! …したものの、約13時間のフライトを経た私達はもうクタクタだった。 時刻は夜9時。 ターンテーブルを流れてくる、大は小を兼ねると思って選んだLサイズのキャリーバッグはやはり大き過ぎて、受け取るのも嫌になる。 しかし自らロ…

初めての体験というのは、どうしてこうもワクワクするのだろう。

初めての国際線、飛行機の小さな窓から見える外の景色に、子供のようにはしゃいだ。 席はエコノミーだし、ギリギリ翼の上で外の景色がよく見えなかったが、私達にはこれくらいでちょうど良いだろう。 今日こそは定刻通りに搭乗、そして大幅な遅れもなく離陸…

旅にハプニングはつきもの、それも醍醐味。

ニューヨークへの夢を語ると、長期休みを取ることを快諾してくれた店長。 私の夢の話に耳を傾けてくれる彼女は、私にとって第二の母であり大先輩であり、そして憧れの人だ。 早速、航空券とホテルを手配して、パスポートを取得。 それまで海外に出たことがな…

旅のはじまり、運命とか必然とか。

自身初となる海外旅行を、なぜニューヨークと決めたのか。 その動機は非常に在り来たりなものだった。 gossip girlとの出会い 19だったかハタチだったかの頃、海外ドラマが大好きな先輩に「gossip girl」というドラマを勧められた。 セレブ高校生達の波乱万…