あそびば

【告知】売名企画台湾編!初の試みにワクワクが止まらない!

 

※注意!アイキャッチ画像で顔面晒してますが、画像を間違えたのではありません!タイトル通りワクワクしている画像です!悪しからず!!!

 

 

えー、台湾に台風が近づいているそうです。

台風大国の台湾、しかもその時季真っ只中ということで懸念はしていた問題ですが…

どうか無事に行って帰って来れますように…もう欠航はやだよ切実…

 

はい、そんな弱気はぶっ飛ばして!今回はコレです!

  

 

先月沖縄へ行く前に思いついていたコレが、ついに始動!

 

名付けて、

 

台湾土産で売名します!プレゼント企画!

 

 

詳細を説明しよう!

 

(と言ってもその名の通りですが)

 

来月の台湾旅で、私が「これ台湾っぽい〜!かわいい〜!」と思ったおみやげをいくつか買ってきます。

帰国後に【売名企画】としてそのおみやげの写真をツイート!

 

欲しい!と思ったら、期間中に

 

① KRYのアカウントをフォロー

② 【売名企画】のツイートをRT!

 

これで企画への参加が完了!(応募とも言う)

後日、私がくじ引きをするか、抽選アプリ(アタッター等)で抽選します。

見事当選の方に台湾土産をプレゼントするという企画です。

 

※応募期間については後日詳細を待て!

 

 

ちょっと待って!一つだけ条件が!

 

条件と言っても当たり前のことなのですが、

当選した場合、KRYに住所教えても大丈夫だよーって方でお願いします!

せっかく当たっても住所非公開だと送れないもんね…

 

条件はそれだけ。

KRYと顔見知りの人でも、高知の友達でも、ただ台湾が好きな人でも、RTでたまたま回ってきたから参加してくれた人でも、KRYのこと全然知らない人でも、

フォロー&RTさえしてくれればほんと誰でもOK。

 

もちろんどんな場合でも公平にくじ引きします。

 

 

企画の動機 

 

某動画サイトなんかでこういう企画をしている人を見て、「物で釣るなんてセコい!」と思っていました。ぶっちゃけ。

高価な電子機器をプレゼントしちゃったりしてるアレです。

 

そこで、高価なものは用意できないけれど私は私なりに何ができるだろう?と考え、思いついたのがこれでした。

  

 

プレゼントを、旅先のおみやげにしたらどうだろうか?

 

 

  

 

  • 旅先のお土産をプレゼントすることでその国に興味が持ってもらえる
  • ツイートをRTしてもらうことで私のことを知ってもらえる

 

のではないか…?

これはまさに一石二鳥じゃないか!と。

 

 

この企画を行うにあたって

 

先ほども書きましたが、「売名」って言葉を聞いて思い浮かぶのは「セコい!」じゃないでしょうか。

 

でも、私はそんなことを言っている場合じゃないことに気が付いたのです。

 

 

セコくても知名度がほしい!

 

 

 

 

KRYという名前を知ってもらって、KRYの記事を読んでもらいたい」。これが私の願望。

そもそも私のことを知ってもらわないと、肝心な私の記事に気付いてすらもらえないのではないか。

それならば、まずは自分で名前を広めよう。

そう思ったのがこの企画をやろうと思った理由です。

 

それに加え、世界の珍しいおみやげなら更に興味が持ってもらえるんじゃないかと思ったわけですね。

そしてそのおみやげをきっかけに、その国を旅してもらえたら尚本望!

 

 

自分で企画なんてするのは初めてで、もちろん不安はいっぱいです。

参加してくれる人がゼロだったらどうしよう、とか。

参加人数とブログのアクセス数は比例しないかもしれない、とか。

企画が終わったら増えていたフォロワー数と同じ数が一気に減るかもしれない、とか。

 

でも何でもやってみなきゃわかりません。

大切なのは「自分が楽しんでやること」だと思うんです。

 

現地でこの企画のことを考えながらおみやげを選ぶ(センス問われる!)のは、きっと楽しいはず。

自分がワクワクしない企画が、他の人をワクワクさせるはずがありません。

 

これはまずは私が目一杯楽しむ企画!

コケたら台湾土産は自分へのおみやげにしちゃえ!

 

 

そういうことで、台湾へ行ってきます。

帰国後の売名ツイートをチェックしてくだされば嬉しいです!

「英語が話せません」←旅の半分以上損してますよ!

f:id:yzworld:20170725230812j:plain

https://www.pakutaso.com

 

 

突然ですが、あなたは世界共通語である英語を話すことはできますか?

 

 

2日前、私も執筆させてもらっているメディア・TABIJO[タビジョ] にて公開されたChihiroさん(@pintkona1007)の記事。

 

tabijo.jp

 

この記事が私の心の奥深くに、まさにグサッと突き刺さりました。

 

何を隠そう。

 

 

私、英語が話せないんです。

 

 

というか、そもそも。

 

英語圏の人に「英語話せる?」と聞かれると、「少しなら…」と答える方がいますよね。私もそうでした。

 

この回答、自分の英語力に自信がないならやめたほうがいいです。

 

なぜならこの答え方をすると、英語圏の人は「この人は英語が話せるんだ」と思って英語でズバズバ話しかけてきます。

 

困ったときに笑ったり、曖昧な返事をしたりするのは日本人の悪い癖。

できないのなら「できない」と、話せないなら「話せない」と、ハッキリ言いましょう。

私はこのことを知って、英語を話せるか聞かれたときはハッキリと「話せない」と言うようにしています。

 

 

旅が先か、英語が先か

 

英語を話せるようになりたい。

現地で道に迷ったりすると困るだろうし…。

 

そう思いつつもろくに勉強もせず、自身初の海外となるニューヨークに旅立った私。

見知らぬ土地で待ち構えていたのは、「英語をもっと話せるようになってから来たかった」という後悔をするような出来事でした。

 

 

道に迷って困ったのではありません。

地下鉄に乗れなかったのでもありません。

 

私にとっては、そんなことよりももっと大切なこと。

それは「現地の人とのおしゃべりがほとんど楽しめなかったこと」です。

 

マンハッタンは全世界の人々が集まる観光地なので、観光客に慣れているのか、英語ができなくてもみんな優しくしてくれます。

…と言えど、私の発する英語は「Thank you」か「Sorry」がほとんど。

優しくしてくれるとはいえ、それでは会話にはなりません。

根気よく話しかけてくれる気の良い人もいますが、英語が通じないと分かると話しかけるのを諦める人ももちろんいます。

 

 

「旅先で困らないために」というよりは「旅先で楽しむために」

 

以前より少しだけ耳が英語に慣れたのは、生の英語に触れたおかげです。

しかし私は、相手の言葉を聞き取るだけじゃなくて、相手と会話がしたいんです。

 

 

旅での出会いって、一期一会っていう言葉がぴったりだと思います。

その場所にそのタイミングで行っていなければ出会わなかった人達に出会うって、とっても不思議で、とっても素敵なことですよね。

 

その出会いを、人と人との繋がりを、大切にしながら旅をしたい。

 

「旅すること」の次に「人とコミュニケーションを取ること」が好きな私。

そんな私の頭の中には「英語が話せない=旅の醍醐味が半分以上味わえない!」という公式が出来上がっています。

 

 

ということは、今の私は旅の半分以上を損しているわけです。

そんなもったいないことってないじゃん!と思った私は、これから英語の勉強を始めます。

言語取得は完全にやる気の問題の分野です。努力あるのみ!

 

 

Chihiroさんの記事は、私が今まで目を逸らしてきた課題に再び向き合える、大切なきっかけとなったのでした。Thanks:)

 

独特!沖縄定番土産〜珍土産まで!

はいさーい!

部屋に沖縄土産が散乱しているKRYです!

 

初の沖縄旅から帰ってきてから、怒涛の勢いで沖縄の記事を書きました。

 

yzworld.hatenablog.com

 

それもいよいよ終盤ということで、今回はお土産編を公開します。

独特の沖縄土産、必見です!

 

 

定番中の定番!ちんすこう

 

f:id:yzworld:20170724215020j:plain

 

いきなりド定番のちんすこう。

地元スーパーのサンエーでは、なんと12袋入が180円で買えちゃいます!

定番かつリーズナブルすぎる!職場へのおみやげはこれに決定!

 

 

これぞ元祖!御菓子御殿の紅いもタルト

 

f:id:yzworld:20170714185109j:plain

 

紅いもタルトが大の好物な私はもちろん買いました!自分用に!

この御菓子御殿の紅いもタルト、そんじょそこらの紅いもタルトとは一味も二味も違います。

何を隠そう、紅いもが濃厚!

普段は絶対にしないお取り寄せをしたくなるほどおいしい…!

 

www.okashigoten.co.jp

 

 

魚介の出汁がウマい!沖縄そば

 

そんなもん持って帰れねーよ!と思ったそこのアナタ。

安心してください。地元スーパーで手に入るのがこちらです。

 

f:id:yzworld:20170724214934j:plain

 

そう、袋麺の沖縄そば

しかもこれ、さすが地元民が常食する食べ物なのでかなり安い。一袋100円以下でした(サンエーにて)。

ちょっとかさばるけど、おうちに帰ったあとも沖縄名物が食べられます。

 

 

コンビニで買える!さんぴん茶

 

f:id:yzworld:20170724215403j:plain

 

飲まず嫌いだった沖縄の伝統茶のさんぴん茶

ファミマにあったので試しに買って飲んでみると見事にハマり、滞在中毎日飲みました(左)。

思わずサンエーで袋買いです!これでおうちのお茶もさんぴん茶に♪

 

 

沖縄感!ジーマーミ豆腐と豆腐餻

 

f:id:yzworld:20170724220144j:plain

 

屋台村で食べたジーマーミ豆腐の揚げ出しがめっちゃくちゃおいしかったので、最終日に思わず購入(左)。

お餅みたいにもっちもちしてました。出汁のタレがおいしい!

右の豆腐餻はまだ楽しみに取ってあります。

お酒飲むときのおつまみに最適なんだそう。楽しみ!

 

 

これぞ沖縄!シーサーの置物

 

f:id:yzworld:20170724220911j:plain

 

「シーサーの置物がいい〜♪」と母にねだられたときは「そんな定番のもん買わんわ」と心の中で思っていたのですが、国際通りのおみやげ屋さんには可愛いシーサーがズラリ。

母にはもちろん、思わず自分用にも買っちゃいました。

 

 

クセになる味!A&Wルートビア

 

このルートビア、なんとスーパーで買えちゃいます!

 

f:id:yzworld:20170724221342j:plain

 

詳しくはこの記事へGO!

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

ファミマで買える!ちょっと変わった泡盛

 

f:id:yzworld:20170724223612j:plain

 

なんということでしょう!泡盛コーヒーとシークヮーサー泡盛だなんて!

興味津々で購入しました。

眺めて楽しんでいる段階なのでまだ飲んでません。きっとおいしいはず!

 

 

ここから珍みやげ!一挙公開!

 

f:id:yzworld:20170724221828j:plain

 

たくさん買ったのでとりあえず写真を撮りました!(雑)

  • ハブカレー…ハブエキス入りだそう。毎回怖さより好奇心が勝ちます!
  • じゅーしいの素…沖縄の家庭で食べられる炊き込みご飯の素。近々解禁予定。
  • ポークランチョンミート…スパムと呼ばれるアレ。缶詰になってるのが可愛いです。お弁当に入れたい。
  • あぐー豚うちなーポーク…こちらは差し上げる用にちょうど良いサイズ。
  • A1ソース…沖縄県民溺愛のあのソース。ステーキにかけて食べるそうです。

 

 

f:id:yzworld:20170724221848j:plain

 

  •  ミミガージャーキー…実は食べず嫌いだったミミガーオキハムだから間違いないだろうと購入。普通にお酒のおつまみでした!
  • ゴーヤーチップス…珍みやげとして楽しみにしていたこちら。期待通りのゴーヤー感!苦い!

 

定番よりも変なものに目がない私は、その他にもゴーヤードライやハブボールといった変なお酒を購入。

こちらもまだ見て楽しんでいる段階です!

液体物は特に重いので、帰りの荷物の重量制限に注意。

 

 

どこで買えるの?

 

さて、たくさんの沖縄土産を紹介してきましたが、これらは

  • ローカルスーパー『サンエー』
  • 国際通りのおみやげ屋さん

で購入しました。

スーパーはおみやげ屋さんよりも格安で買えるのでおすすめです。

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

まとめ

 

沖縄土産、いかがだったでしょうか?

 

日本の中でも定番の観光地となっている沖縄は、独特でおもしろいおみやげがたくさんあります。

本土からかなり離れていることもあり、土地の特色がとても強いです。

日本国内でおみやげを買うことはあまりない私ですが、沖縄ではついつい買いすぎてしまいました。

 

沖縄を訪れた際は、ぜひ沖縄独特のおみやげを探してみてくださいね。

 

高知の海鮮がヤバすぎる!【活魚 漁ま】

 

こんにちは、高知県民のKRYです。

 

最近、高松開催の旅大学に参加したり、京都開催のおもしろ大学に参加したりして、県外の方々と交流することが多くなりました。

 

yzworld.hatenablog.com

 

yzworld.hatenablog.com

 

県外の方々と交流すると、高知県以外の場所に興味を持つと共に、地元である高知県の自慢をしたくなります。

 

 

私にもあったんだなあ、高知愛。

 

 

  

(何気に初めてブログで顔出しました。念願のHUBのタワービアを注文したあとの嬉しそうな私です。)

 

今回は、新鮮な魚を食べることのできる最新のお店をご紹介します。

 

 

鮮度抜群の刺身を提供!『活魚 漁ま』

 

f:id:yzworld:20170723093042j:plain

 

高知市南久保にある『活魚 漁ま』さん。

最近新しくできた、魚介料理のお店です。

 

広々とした店内には、大きないけすがあり、魚が元気に泳いでいました。(写真撮り忘れ…)

天井も高く、一つ一つの座席もかなりゆったりと造られています。

 

 

おすすめメニューはもちろん魚の刺身

 

大きないけすがあるということは、新鮮な魚を提供しているということです。

そうすると、もちろん刺身を頼まずにはいられませんよね!

 

ランチメニューの刺身盛り合わせご膳を注文してみました。

お値段1680円也。

ええ。メニューの中で一番値段の高い、一番豪華そうなご膳です。

 

それがこちら。

 

f:id:yzworld:20170723094824j:plain

 

銀シャリ釜飯、天ぷらうどん(天ぷらうどんか盛り合わせか選択可)、茶碗蒸し、味噌汁、2種類の小鉢、漬物、甘味、そして刺身3種盛。

これはなかなかのボリュームです…!

 

 

漁まの売りのひとつ、銀シャリ釜飯は熱い釜ごと出てきます。

 

f:id:yzworld:20170723094903j:plain

 

蓋を開けると、ふわっと広がるいい香りと、つやっつやな白いご飯がお目見え!

 

f:id:yzworld:20170723094936j:plain

 

 

そしてメインの刺身3種盛がこちら!

 

f:id:yzworld:20170723095119j:plain

 

タイ、ブリ、サーモンの3種です。

見てくださいこのツヤ!キラッキラです!ま、まぶしい…!

 

いざ実食してみると、なんだかコリコリする…

 

 

コリコリするのは活きのいい証拠だよ。

 

 

 

 

こんなに歯ごたえのあるお刺身、初めて食べました。

某格安お寿司屋さんのネタとは明らかに食感が違います。これぞ活魚! 

 

天ぷらうどんのエビ天も大きいし、茶碗蒸しもおいしくて大満足でした。

かなりのボリュームなので、目一杯お腹を空かせてから食べに行ってくださいね。

 

 

ちょっと贅沢なランチをしたいときは、ぜひ漁まへ!

 

ランチで1680円というと少しお高い気もするかと思いますが、このボリュームと味、そしてお刺身の新鮮さに大満足のランチです。

高知市の繁華街からは少し離れていますが、わざわざ食べに行ってほしいお店でした。

 

ちょっと贅沢なランチをしたい高知県民も、高知の新鮮な魚料理を味わいたい県外から来た方も、ぜひ訪れてみてくださいね。 

 

【楽園】こんなところが隠れスポット!?知念岬公園が最高すぎた

 

沖縄本島南部にある、知念岬公園を知っていますか?

 

それは自身初の沖縄旅1日目。

『カフェくるくま』のアグーカレーで空腹を満たした私達は、早く海を見たくて、ワクワクしながら車を走らせました。

 

 

間も無く到着したのが知念岬公園

その名の通り岬にある公園ですが、体育館裏にあるのでその存在は隠れた名所となっているそうです。

 

 

日本一綺麗な公園と言っても過言ではない

 

この知念岬公園、南部の東端にあり、海に突き出すような形をしています。

東端なので日の出を見るスポットとなっているそう。

沖に浮かぶ久高島やクカマ島も綺麗に見えます。

 

 

ところで、東の海の彼方には「ニライカナイ」と呼ばれる楽園が広がっているとされています。 

この伝説を知ってからこの写真を見ると、誰しもが納得するはず。

 

 

駐車場に車を停め、途中にある体育館の前を通り過ぎて裏へ回ると、そこで目の当たりにしたのは…

 

 

f:id:yzworld:20170722223447j:plain

 

 

空の青と海の青、そして緑の草木が作るこの景色はまさに楽園!

こんな綺麗な公園、見たことありますか?

びっくりしすぎて言葉を失ってしまうほど感激しました。

 

 

アクティビティのスポットでもある知念岬公園

 

パラグライダーのスポットにもなっているようで、空を優雅に飛んでいる姿が見えました。

パラグライダーだと風の力で飛ぶので、エンジン音もしません。

すぐそばの幹線道路からも離れているので、車の騒音も無し。

そしてさすが隠れた名所、観光客もまばら。

 

まさに穴場スポットです!

 

 

公園内をご案内

 

橋を渡って公園に入り、ぐるっと一周してみましょう。

 

f:id:yzworld:20170722224539j:plain

 

時刻は16時過ぎ。

太陽が少し西へ傾いています。 

 

 

f:id:yzworld:20170722224724j:plain

 

海は透明度100パーセントで、浅瀬は底が見えるほど。

どこまでも広がる青い海は、彼方で空と交わります。

 

 

f:id:yzworld:20170722225610j:plain

 

記念碑もちゃんと読んできました。

いくつかの市町村が合併して南城市になったことと、その市町村が閉村した記念に作られた石碑だと書かれています。

開村ではなく閉村の記念碑です。うーん、なんだかちょっと寂しい。

 

 

不思議なオブジェ

 

海と記念碑を見て回っていると、公園内にあるオブジェの前にたどり着きました。

 

f:id:yzworld:20170722230107j:plain

 

「宇宙軸より無限の記憶」と書かれた文字のみで、解説などが一切見当たりません。

どういった理由で建てられたのかはわかりませんし、作品のコンセプトもわかりません。なんだか不思議なオブジェです。

唯一分かるのは、ミラー状になっていることだけ。

解説がないのは、思い思いにこのオブジェの意味を考えてねってことなのかもしれませんね。

 

 

海が一望できる「楽園」知念岬公園

 

f:id:yzworld:20170722232535j:plain

 

 

いかがだったでしょうか?

 

この知念岬公園、今回の旅でとても好きになった場所です。

まさに「楽園」と呼ぶのが相応しい、言葉では言い表せないほど綺麗な場所でした。

 

意外にも隠れた名所なので、南部を訪れた際はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

【事前準備】台湾でやりたいことを一挙大公開!

 

 

いよいよ数日後に迫った、初の一人海外旅 in 台湾!

 

yzworld.hatenablog.com

 

いろいろ調べまくって、KRY'Sゴールデンプランを練っているところでございます。

 

今回台湾へ行く一番の目的は、

九份でノスタルジックな写真を撮ること。

夕方から夜にかけて、目一杯時間を使って心ゆくまでシャッターを切りたいと思っています。

 

 

だがしかし!

それだけではない!!!

 

 

下調べをすればするほど出てくる台湾の魅力。

その台湾の魅力とともに、今回の旅でやりたいことをリストアップします!

 

 

台湾はB級グルメの宝庫

 

f:id:yzworld:20170719001155j:plain

https://www.pakutaso.com

 

「台湾」と聞くと、あなたは何が一番最初に思い浮かびますか?

大半の方は、何かしら食べ物が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

私が一番に思い浮かぶのはやはり小籠包!今回の旅では絶対に外せない一品です。

他にも夏の今、ちょうど旬なのがマンゴー。かき氷にして食べるのが台湾流!

夜市でB級グルメをお腹いっぱい味わえるのも、台湾ならではの魅力です。

 

 

世界に知られる名物料理だったり、ちょっと変わった地元料理など、グルメ大国である台湾。

 

まずは私が食べてみたいと思ったものを、一気にリストアップします!

 

 

ぜひ食べてみたいものを厳選してみた

 

  • 鼎泰豐の小籠包

 

 

台湾といえば小籠包!

中でも旅美女会のえりおさんも長らくハマってらっしゃる、鼎泰豐というお店の小籠包に目をつけました。

日本にも進出しているお店ですが、ここはぜひ本場で食べてみたいところ!

ディンタイフォン(鼎泰豐) | 小籠包・点心の台湾料理・台北料理|公式

 

  • マンゴーかき氷

台湾といえばマンゴー。こちらも定番中の定番ですね。

今が旬と聞けば絶対に外せません!楽しみ!

 

  • タピオカジュース

露骨にカエルのイラストが描いてある、わかる人にはわかるあのカップでぜひ飲みたいです。

あのお店はたしか夜市にあるとの情報だったはず…

 

  • 蓮霧(レンブ、別名ワックスアップル)

 

 

 

旅美女会のななみんと舞さんがプッシュしてくれたこのレンブ

「経験者は語る」と言うので、これはもう聞いた瞬間からリストに入れました!

 

見た目はシンプルなのに、食べ始めたらおいしくて止まらないとの噂を聞いて。

他にもがっつりご飯系のもので気になるものがいっぱいあったのですが、今のところ優先はこの牛肉麺です!

 

  • 肉圓(バーワン)

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』でお父さんが食べていたあのブニブニの食べ物が、このバーワンなのではないかとの噂です。あくまで噂。

その噂が違っていてもぜひ食べてみたい、見た目がなんとも不思議な食べ物。

 

 

食い気だけじゃない!もちろんしっかり観光も

 

f:id:yzworld:20170719001612j:plain

 

いくらいつもお昼時に台湾計画を練っているからって、楽しみは食べ物だけではありません。

台湾には私の知らなかった観光地がたくさんありました。

興味を持ったものを厳選し、ちょっとだけリストを公開します。

 

 

  • 九份の景色を写真に収める

冒頭でも書きましたが、これが今回の旅の一番の目的。

そして一番の楽しみです。

 

「恋愛と仕事が両方うまくいきますように」というお願いを本気でしてきたいと思います。(太字!)

台湾ならではの、おもしろそうなおみくじも引いてきます!

 

  • 九份で頼阿婆芋圓の芋団子かき氷を食べる

また食い物かよ!って思ったそこのあなた。

その通りです。憧れの九份ならではの名物、食べないわけにはいきません。以上。

 

  • 台中の彩虹眷村で写真を撮る 

 

 

彩虹眷村の存在はちょっとだけ知っていたけど、実は台中まで足を伸ばすか迷ってたんです。

でもこう言われちゃ行くしかないでしょう!

調べてみると宮原眼科もおもしろそうだし、せっかくの一人旅なんだから行きたいところに行かなきゃね。

舞さん、素敵な情報をありがとうございます!

 

  • マッサージをしてもらう

今のところこれはちょっと自分的にハードルが高いですが、ぜひとも挑戦してみたい。

海外はおろか、日本ですら今まで人間にやってもらうマッサージを受けたことがない私にとってはまさに「挑戦」です。色々な面で不安が拭いきれません…

 

  • 現地から手紙を出す

旅先から手紙を出して、到着したらちゃんと検印が海外だー!ってなることに憧れています。

時間があればぜひやってみたい。

 

 

貴重な情報を教えてくれた旅美女会の皆さん、ありがとうございます♪

しっかりと活用させていただきます!

 

 

興味があることは全部やってみたい、欲張りな私

 

f:id:yzworld:20170721225443j:plain

 https://www.pakutaso.com

 

 

ここまでが現段階で出ている『台湾でやってみたいことリスト』です。

 

とはいえ、旅は全部が全部計画通りにはいかないし、むしろ臨機応変で楽しむもの。

食べ物もこれだけのものを3泊4日で食べ切れるとは思っていません。(なぜか旅先で食欲が落ちる私…)

 

 

しかし「行ってみたい」「見てみたい」と思ったものに関しては、できるだけ多くを制覇したい欲張りな私。

旅の経験は、「今までの自分を変える」というよりも「今までの自分に新たにプラスされる」ものだと考えます。

 

どの旅も最大の目的は、限られた期間で目一杯、その場所をインプットすること。

そしてたくさんの「プラス」に出会うことで、自分をバージョンアップすることです。

 

 

もちろん今回の台湾旅も、それを意識して臨みたいと思います。

待ってろよ台湾〜!

沖縄の最新スポット!瀬長島ウミカジテラスの4つの魅力とは

 

 

多くの観光施設が点在する沖縄。

2015年夏、新たにオープンしたアイランドリゾートを知っていますか?

 

その名も瀬長島ウミカジテラス

 

今回は、その沖縄最新スポットをご紹介します!

 

 

  

瀬長島ウミカジテラスって?

 

那覇空港から車で約15分のところに、瀬長島という小さな島があります。

島の高台に、天然温泉付きのリゾートホテルがオープン。

そのすぐ下の傾斜地に建てられたのが「瀬長島ウミカジテラス」という商業施設です。

 

目の前に広がる綺麗な海はもちろん、グルメとショッピングも同時に楽しむことができるんです。

2015年夏にオープンしたばかりで、新たな観光地として注目を集めています。

 

 

実際に行ってみた

 

計画的行動派な私が、珍しく何の計画も立てていなかった沖縄旅最終日。

 

当日の朝、観光できるスポットを

  • 那覇空港周辺にある
  • 海を見ることができる

という2つの条件で検索し、見つけたのがこの瀬長島ウミカジテラスでした。

 

 

魅力その①「那覇市内からの最高なアクセス」

 

那覇市内のホテルからゆいレールに乗り、赤嶺駅へ。

そこから出ているシャトルバスに揺られること約15分、瀬長島ウミカジテラスに到着です。

 

なんとこのシャトルバス、無料で乗ることができるんです。

赤嶺駅へ行きさえすれば、あとはもう座っているだけで目的地まで連れて行ってくれます。

 

 

魅力その②「綺麗な景色」

 

ホテルの前でバスを降りると、さっそく沖縄の綺麗な海が!

 

f:id:yzworld:20170717090609j:plain

 

バスで登ってきた坂道を降りていくと、白いテラスの屋上に出ます。

 

f:id:yzworld:20170717204006j:plain

 

f:id:yzworld:20170717204148j:plain

 

f:id:yzworld:20170717204252j:plain

 

うーん!青い空、青い海、そして白いテラス!

この色合い、なんとも涼しげで私好みです!

目の保養ってこういうことを言うんですね。いつまでも眺めていたい。

 

 

涼しげな景色を見下ろしながら下の方に降りてくると、緑の芝生も見えてきます。

 

f:id:yzworld:20170717204414j:plain

 

ちょっとした公園になっていて、芝生で遊ぶ子供達もちらほら。

 

 

魅力その③「沖縄ならではのグルメとショッピング」

 

テラスの正面の方に回ってみると、そこにはカラフルな雑貨屋さんや、おいしそうなご飯屋さんが。

 

f:id:yzworld:20170717204830j:plain

 

f:id:yzworld:20170717212032j:plain

 

ジェラートや沖縄料理、ハワイアンを楽しめるバーなどの看板を発見。

海を眺めながらテラスでご飯やお酒を楽しめるなんて、沖縄ならではの魅力です。

 

 

魅力その④「那覇空港までの最高なアクセス」

 

バスを降りた場所から、今度は那覇空港行きのシャトルバスに乗ることができます。

約15〜20分で、これまた無料那覇空港まで乗せていってくれるので、ありがたいことこの上ないです。私のように重たい荷物を引きずっていても楽チン!

 

遊びもショッピングも、そしてアクセスも、本当に至れり尽くせりです。

 

 

旅の最後はぜひ、瀬長島ウミカジテラスへ!

 

瀬長島ウミカジテラス、いかがだったでしょうか?

 

帰りのフライトがお昼過ぎだと、どうしても最後の観光場所が限られてきますよね。

ここは那覇中心地からも那覇空港からも近い場所にある上に、半日もあればショップも十分に見て回ることができそうな規模なので、帰りのフライト前におすすめです。

 

 

せっかくの沖縄旅、最後の最後までみっちり楽しんでくださいね。

 

Have a nice trip!

  

 

www.umikajiterrace.com

  

いよいよ最終日!最後の最後まで楽しむべし!(3日目/3日間)

 

はいさーい!KRYです。

 

いよいよ沖縄旅最終日である3日目!

旅について、私が心がけていることの中に「最後の最後まで楽しむ!」というのがあります。

もちろん今回もそれを実践しました。

 

それでは最終日、行ってみよーう!

 

 

3日目/3日間

 

10:00 那覇市内のホテルをチェックアウト

10:35 ゆいレール赤嶺駅に到着

 瀬長島ウミカジテラス行きのバスに乗車

 

昨晩の疲れもあって、この日の朝はゆっくりめのスタート。

ゆいレール赤嶺駅から出ている瀬長島ウミカジテラス行きのバスは、なんと無料です! 

重いキャリーバッグもあることだし、ありがたく利用しましょう。

 

 

10:50 瀬長島ウミカジテラスに到着

  

 

赤嶺駅から約15分で到着。

バスを降りたところからすでに、綺麗な景色が広がります。

 

f:id:yzworld:20170717090609j:plain

 

この日も快晴!そしてこの日も青い海!

沖縄の魅力は、県内どこにいてもちょっと海沿いに出るだけで、この綺麗な海が見られることですね。

それに加え、ここ瀬長島ウミカジテラスでは、グルメもショッピングも同時に楽しむことができます。

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

12:30 那覇空港に到着

 

f:id:yzworld:20170717194153j:plain

 

瀬長島ウミカジテラスから、今度は那覇空港行きのシャトルバスに乗って空港へ。

約15〜20分、こちらもなんと無料で乗せてくれます。ありがたい!

 

キャリーバッグの重さと強い日差しの暑さにやられて早々に退散しましたが、時間的にはもっと瀬長島ウミカジテラスを楽しんでも時間は余裕です。

 

 

13:00 「ロイヤル」で最後の沖縄料理を楽しむ!

 

国内線ターミナル2階フードコートにある「ロイヤル」。

ここでは気軽にタコライスゴーヤーチャンプルーなどの沖縄料理が楽しめます。

 

私は食べてみたかった沖縄そばタコスを、旅の最後の最後にここで食べることができました!

 

f:id:yzworld:20170717194355j:plain

 

沖縄名物を2つもいっぺんに制覇するなんてぜいたく!きゃー!

食べ終わったあと、案の定お腹がはち切れそうでした。

 

実は人生で初めて食べたこれらのメニュー。

沖縄そばは魚介系のあっさりスープで、麺はそばというよりはうどんに近いかも。小麦粉感が強くてボリュームがありました。

個人的に紅生姜は無いほうがいいかも…

でも期待通りにおいしかったです。

 

タコスは溶けないチーズがどっさり乗っていたのに驚き!

生地がとってもパリパリでした。

メキシコと沖縄感を同時に感じることができる、楽しいファストフードです。

 

 

14:35 那覇空港を出発

 

最後の最後に少しだけおみやげも買い足して、いよいよ高松へ帰ります。

頭の中で今回の沖縄旅を振り返っていると、約2時間の飛行時間なんてあっという間です。

 

人生初の沖縄旅、2泊3日で随分とリフレッシュすることができました。

やはりオンシーズンはいいですね。

その土地に合った気候があることを学びました。(なんせニューヨーク行ったときは寒すぎたから…)

 

 

初の沖縄旅、これにて終了

 

f:id:yzworld:20170718232109j:plain

 

国内旅行の記事をこれほど長くに渡って書いたのは初めてです。(このあともまだいくつか書きますが!)

ぎゅーっと凝縮された濃い3日間であり、最初から最後まで思いっきり楽しんだ旅でした。

そして新しい出会いもあったので、そちらもぜひ今後に活かせることができればいいなあ。

 

また絶対に夏に訪れたい場所です。沖縄最高!ありがとう沖縄!

丸1日フリー!寝ないで遊びまくるべし!(2日目/3日間)

 

はいさーい!毎日さんぴん茶飲んでますKRYです!

 

前回、沖縄旅2泊3日中の1日目のことを詳しく書きました。

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

今回は、最も貴重な2日目をご紹介します。

 

丸一日遊べるのはこの日だけですからね

朝から晩まで思いっきり楽しんじゃいますよ〜!

 

 

2日目/3日間

 

6:30 那覇市内のホテルを出発

7:30 恩納村の真栄田岬に到着

 

 

8:00 青の洞窟にてダイビング体験

  

 

今回この旅で一番楽しみにしていた、人生初のダイビング体験。

ショップにもよりますが、早いところは7時からダイビングの便があるので、貴重な丸一日フリーな日も朝から楽しめます。

時間は賢く使いましょう。

 

体験は着替え等の準備も含めて、約2時間半でした。

 

 

10:40 残波岬で休憩&絶景を楽しむ 

 

f:id:yzworld:20170713085415j:plain

 

 

真栄田岬からすぐの残波岬

私達が訪れたときは、駐車場付近にブルーシールの販売車が来ていました。

テーブルなんかも用意されていて、アイスやかき氷、軽食も楽しめるようになっているので、ダイビングの疲れをここで少し癒すといいですね。

 

展望台は上り下りするのにそんなに時間もかからないので、せっかくここまで来たんだから、上っておくのをおすすめします。

上から見る景色もこれまた格別!

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

 11:30 御菓子御殿でおみやげを物色

 

f:id:yzworld:20170714185109j:plain

 

 

紅芋タルトで有名な「御菓子御殿」。

この読谷村にあるのは本店で、お店の外観が宮殿のようになっています。

店内は広くておみやげの種類も豊富にあり、試食をしてから買うことができるので楽しいですよ。

 

 

12:20 A&W美浜店にてランチ

 

f:id:yzworld:20170712223940j:plain

 

 

読谷村のお隣の北谷町までは車で2〜30分です。

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

13:20 美浜アメリカンビレッジでお買い物

 

f:id:yzworld:20170714185917j:plain

 

 

腹ごしらえをしたあとは、すぐ近くのアメリカンビレッジへ。

隣のデポアイランドでもショッピングやおやつが楽しめます。

 

 

15:20 地元スーパーでローカルものを探す 

 

 

店舗数と売上高が沖縄県第1位の「サンエー」にて、地元ならではの食材やお菓子など、おみやげになるようなものを探します。

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

17:30 レンタカーを返却

 

最終日である明日はフライトが昼過ぎということで、もうレンタカーは使わないのでこの時点で返却に行きました。

最終日に返却するとバタバタと忙しくなってしまうかなと考えた結果です。

 

 

19:30 夜の国際通りへ繰り出す

 

レンタカー返却後、一旦ホテルに戻って休憩したあとは、昨晩に引き続き夜の国際通りへ繰り出します。

ぜひ行ってもらいたいのは屋台村!

詳細は別記事で書きますが、楽しい夜を過ごすことができました。

  

 

 

22:30 地元のクラブで大騒ぎ

 

ただの居酒屋飲みだけでは終わりません!なんせ若者ですから!

屋台村からすぐ、松山という場所にあるクラブへ。

なかなか大型のクラブでした。週末ということもあり、若者が集結。

 

 

 

1:00 ホテルで就寝

 

ええ。睡魔に負けました。

タイトルの「寝ないで遊びまくる」は願望でした。

いかんせん早朝からのダイビングが楽しすぎて、その上アルコールが入ることによって深夜1時が限界でした。

 

 

2日目は朝から晩まで遊びまくりました!

 

こんな感じで、2泊3日中の丸一日フリーな2日目が終了。

文字通り遊びまくったという感じです。

本当に無駄にした時間なんてなくて、大満足な1日でした。 

 

 

明日3日目は、いよいよ最終日!

最後の最後まで楽しむことができた日程をご紹介します!

 

沖縄南部を実質半日以下で観光…できます!(1日目/3日間)

はいさーい!沖縄旅からずっとはいさい言ってますKRYです!

完全にハマってます。沖縄最高。

 

 

数日前、沖縄旅2泊3日のモデルルート記事を公開しました。

 

yzworld.hatenablog.com

 

今回は、その2泊3日の1日目の詳しい時系列と場所を、もう少し詳しく書いていこうと思います。

場所の感想等の旅行記は別記事のリンクを貼っておくので、ぜひ観光の参考にしてみてくださいね。

 

 

1日目/3日間

 

f:id:yzworld:20170713002312j:plain

 

13:20 那覇空港に到着

14:00 レンタカーを借りて南部へ移動開始

 

 

15:10 『カフェくるくま』にてランチ 

 

那覇空港周辺からレンタカーで60分くらいです。

ナビを見ているにも関わらず、途中で何回かルートを間違ってしまった私達で60分なので、普通に行けばもっと早く到着するかと思います。(お恥ずかしい)

 

 

yzworld.hatenablog.com

 

 

16:00 ニライ橋カナイ橋をドライブ

 

美味しい食事と絶景を楽しんだ後は、 ガイドブックにも乗っているニライ橋カナイ橋へ。

思っていたより短かったので往復しました。

橋を下るときに見える海が絶景です。

 

 

 

16:10 知念岬公園を歩く

 

f:id:yzworld:20170712000909j:plain

 

ニライ橋カナイ橋からすぐ近くにある駐車場に車を停めて外へ。

公園の端まで行き、写真をたくさん撮りました。

  

 

 

 

16:40 斎場御嶽でパワーをもらう

 

知念岬からすぐのお土産屋さんの前でチケットを購入します。(大人300円)

チケットを買ったら出発して、山道を登ります。

散策の所要時間は60〜90分です。

 

 

 

 

 17:50 あざまサンサンビーチで泳ぐ

 

f:id:yzworld:20170712001055j:plain

 

斎場御嶽から車ですぐのあざまサンサンビーチへ。

日差しが弱くなる夕方から泳ぐのがおすすめです!

夏は19時までの開場なので、時間には気をつけてくださいね。

  

 

 

20:00 国際通り周辺のホテルに到着

 

19時まで目一杯泳いだら、那覇市内・国際通り周辺のホテルへ。

 道の混み具合にもよりますが、大体60分くらいで到着します。

 

 

20:30 国際通りをちらっと下見!

 

f:id:yzworld:20170712001446j:plain

 

貴重な滞在時間、運転の疲れなんてぶっ飛ばしてまだまだ遊びます。

通りにところ狭しと立ち並ぶ、おもしろいおみやげ屋さんをさくっと見て回りました。

国際通りには居酒屋もたくさんあるので、晩ご飯は沖縄料理で決まり。

 

 

22:30 再びホテルに帰宅

 

次の日が朝早いということもあり、早々の帰宅です。

飛行機での移動疲れもあるのでさっさと就寝。

 

 

1日目は予定通りの観光ができました!

 

f:id:yzworld:20170713002504j:plain

 

 

いかがだったでしょうか?

 

南部は観光場所がある程度密集しているので、約半日でいくつもの場所を観光することができました。

行きたい場所に優先順位をつけ、効率良く回りましょう。

 

 

次回は、貴重な丸一日フリーの2日目のタイムスケジュールを公開します。